a a
a
  hajime
a
shoukai
a
ehagaki
a
map
a
hekiga
a
illust
a
nigaoe
a
diary
a
katsudou
a
mail
a
link
 
 
デデンとそびえるその姿

 どんな商売を行うにしろ、お店をアピールするには、目立ち、かつ目を引く看板が必要です。いかにステキで立派なお店であろうと目を引く看板がなければ、日頃無関心のお客様にはお店など目にも入りませんし足も向けてもらえません。
 そんなわけで、むかしよりお店を開く方は看板に様々な趣向を凝らして他店より目立つよう努力してまいりました。
 そういう意味で壁画は視覚的にも大変目立ちますし、そこに文字が入ればさらに人が立ち止まりやすくなるという、まさに右脳と左脳のダブルパンチ。宣伝波状効果は抜群です。
  昭和なかばくらいまでは壁画も舞台や映画の宣伝を中心に大いにはやってましたが、昨今の写真技術の進歩であまりお目にかからなくなってしまいました。が、しかし、写真旺盛の時代だからこそ反って壁画のインパクトも新鮮で強大と言えるでしょう。時代錯誤のインパクトと温かさを是非ご覧あれ。



 店主安楽はレトロで楽しい雰囲気のものがお好みなので、壁画なども最先端!ハイセンス!というものではなく、ほのかに懐かし気で愉快なものが多いです。
 偶然にもこのような雰囲気の壁画を見かけて時はウハハと笑ってお店に入りましょう。

それぞれクリックすると大きくなります↓
昭和食堂という居酒屋の店頭用看板
お店のことはこちら
ホーロー看板風な壁画 70年代の少年野球風店頭看板
クリックすると大きくなります↓
         
       
           
 

 
法規に基づく表記 個人情報の取り扱い 会社概要
このサイト内の文章及び画像を無断で使用することは禁じられております。